毎週木曜日00:00(水曜深夜24:00)より、TOKYO MXにてアニメ『オーバーロード』が放送されています。

 

 

overlord-anime.com

 

以下、ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

2015年7月9日木曜日の放送は第1話「終わりと始まり」でした。

 

 

イントロダクション

かつて一大ブームを起こしたオンラインゲーム『ユグドラシル』は、静かにサービス終了を迎えるーーはずだった。
--しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。

突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外に広がるのは、観たこともない異世界……。
現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使いとなる。
『アインズ・ウール・ゴウン』の伝説が幕を開ける!

 

こちらはWeb小説版『オーバーロード』のイントロダクションです。アニメのイントロダクションは作品の制作スタッフなどのアピールに終始していたので。

 

overlord-book.jp

 

ということでWeb小説が原作のようです。Web小説版とKADOKAWA エンターブレイン版があるみたい。

 

 

MMO-RPGとは?

公式WebサイトのSTORYページを読むと、オンラインゲーム『ユグドラシル』 はMMO-RPGだと紹介されています。このMMO-RPGがどのようなものなのか、私にはよく分からなかったので調べてみました。

 

MMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game、マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム)とは、「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」などと訳され、オンラインゲームの一種でコンピューターRPGをモチーフとしたものを指す。 - MMORPG - Wikipedia

 

ということだそうです。大規模多人数同時参加型オンラインRPG……長い。ファイナルファンタジーXIVはMMO-RPGでいいでしょうか? プレイしたことないですが。

 

 

登場キャラクター

本作の主人公はモモンガでありアインズ (CV日野聡)です。公式WebサイトのCHARACTERページによるとアインズの所属は「死の支配者(オーバーロード)」だそう。ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の長であり、ナザリック地下大墳墓の統治者です。

1話でモモンガ(アインズ)にあれを揉まれていたのが、小悪魔(インプ)のアルベド(CV原由実)で、ナザリック地下大墳墓の守護者統括であり、全NPCの頂点に立つ存在だそうです。ヒロインでしょうか?

他には、真祖(トゥルーヴァンパイア)で、ナザリック大墳墓の第1~3階層の守護者である、シャルティア・ブラッドフォールン(CV上坂すみれ)。双子のダークエルフで、ナザリック地下大墳墓の第6階層の守護者である、アウラ・ベラ・フィオーラ(CV加藤英美里)とマーレ・ベロ・フィオーレ(CV内山夕実)は、男の子っぽい外見や性格をしているアウラが女の子で、女の子っぽいマーレが男の子らしいです。最上位悪魔(アーチデビル)で、ナザリック地下大墳墓の第7階層の守護者であるデミウルゴス(CV加藤将之)。蟲王(ヴァーミンロード)で、ナザリック地下大墳墓第5階層の守護者であるコキュートス(CV三宅健太)、種族は不明でナザリック地下大墳墓の執事であるセバス・チャン(CV千葉繁)、この辺りがメインになるみたいです。

紹介したうち、ダークエルフの2人と執事のセバス・チャン以外は、種族のところに「〜ほか」と書かれています。他の種族にも変化するということですか。主人公のモモンガを含め、ユーザーが複数アカウントを持っていて、複数のキャラクターを使い分けていたことを意味するものと思われます。

 

 

その他、雑感 

前述したとおり私はMMO-RPGのネトゲはプレイしたことがないです。艦これはプレイしています。艦これは基本ソロプレイで、通常海域やイベント海域などの共通の敵に対してプレイヤーがそれぞれ戦うことになりますので、2chなどの掲示板やTwitterなどで情報の共有をする楽しさがあります。

でも、FF14のような大規模多人数同時参加型オンラインRPGとなると、見知らぬ人とパーティを組んで敵を倒したりミッションをクリアしたりする際に、通常の人間関係に近い会話のやり取りが行われるんですよね? 私はそれが苦手なのでできないです。ゲームはソロプレイじゃないと厳しい。

本作の主人公モモンガは『ユグドラシル』でギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の長を務めていました。これは私からするともの凄いコミュニケーション能力の持ち主だなぁと思えてしまいます。

その『ユグドラシル』は、一時期の爆発的人気もなくなってサービス終了となり、その最後の瞬間に立ち会うために、モモンガはログインしていました。ところが、サービス終了の時間になってもログイン状態が続いていて……というのが本作の物語です。

とりあえず今のところは、モモンガが使っているアインズ(というかアインズそのものなのか?)はナザリック地下大墳墓を統べる存在で、今回登場したNPCは全てアインズに服従している様子でした。彼らの目的は何になるのでしょう? どこか別の場所へ遠征して他の勢力を征服していくのでしょうか。